業者間同士で行う転売方法

投稿者: |

転売には、自らが転売するべき商品を所有して転売を行う在庫転売が主流でしたがここにきて新しい転売砲が注目されています。これは、転売を行う業者間同士で在庫品を売買するという手法で無在庫転売と呼ばれています。簡単に言いますと、店舗を持っておらず、倉庫すらない状況下においても可能な転売方法でやり方としては、購入してもらえそうな商品を紹介し、購入してもらうことでその商品を持つ転売業者から商品を購入し、商品を届けるという手法です。この方法の利点は、倉庫などを持たないですむということと、購入が確定した商品さえ安く仕入れることができれば即利益につながるため、ある程度転売の実績がある方々が新しくチャレンジする転売彭になります。ですが、デメリットもあり、転売時において業者間とトラブルが起きてしまうと在庫を確保することが難しくなり、自分の評価を下げてしまいやすいのがデメリットです。ただ、商品をいつまでも倉庫に眠らせることが無い点と、価値が下がる可能性がある商品をいつまでも確保する従来型の転売彭と比べるとプラスになる面としては、利益を上げやすい点と、複数の注文が入った場合においても在庫さえ確保できれば商売が成立するため人気が出てきている転売方法の一つです。この無在庫転売ですが商品が手元にないことが判明すると退会処分になることもありますので人気ではありますが諸刃の刃となっている転売サイトもありますので事前に転売を行っているサイトのネット売買のルールを確認しておくことが重要です。海外においてはアマゾンなどの通販ショップでは海外の方との売買のやり取りを仲介してもらえるため、実質無在庫転売を行っているとみてよいです。このように通販ショップによっては商品の売買の仲介を行うことがあり、その仕組みを利用することで無在庫転売と同様の売買法ができるということです。このような仕組みをうまく利用することで、ネットショップを自ら解説し運営することなく、商品の在庫を持つことも無く転売業者間のやり取りを仲介するような形で利益を得るという手法が無在庫転売になります。ただ、仕組みを理解していないと、違法になりますので、初心者の方で無在庫転売に手を出すということについてはあまりおすす出来ない方法です。あくまで、業者間のやり取りを仲介することができる通販サイトでビジネスとしてする転売になりますので方法を誤れば違法になりやすいため初心者の方で転売をする場合、従来通りの転売方法が一番堅実です。